2008年 12月 02日 ( 1 )

トルコ料理ランチ・銀座編

a0108358_8449.jpg

銀座で映画「未来を写した子どもたち」を観た後のランチに銀座コリドー街(高架下)にある「ISTANBUL」へ行った。

新宿にあったのは20年前には知っていたけど、その後見かけなくなった(それは場所を間違えていたと昨日分かった)から潰れた(失礼!)のかと思っていました。

ランチは¥900で3種類が選べます。でもね、ドリンクは追加で¥300もかかかる。
ワタシが選んだのは「ほうれんそうのヨーグルト和え」だったかな、これが一番味が分かるだろうと思ったからね。
a0108358_811129.jpg

店内はこんな感じでチューリップのタイルで飾られております。

ハッキリ言いましょう。新宿店の時から気に入らないお店でした。
味はピンボケで香辛料や塩味など薄いし、給仕してくれるおっさんがイチイチくどい説明(20年前当時)でそれだけでもうゲンナリでした。
そのおっさんはもちろん居ませんでしたが、味は全く同じ印象。変わっていない。

私一人でしたが、12時半回っていたのに他には1組だけ。なのに、奥ではなくカウンターを示され入り口のドアは開けっぱなしだから寒いし・・・
やっぱここ、ダメだわワタシは。
a0108358_8192570.jpg
そもそも何で知ったかと言うと、映画館でこのチラシと小冊子を手に取って分かったのだ。小冊子を開くとこの映画の半券サービス店が載っていてね、それで。

この映画はドイツに住むトルコ人3組の親子がたどる再生と希望の旅・・・
「クロッシング・ザ・ブリッジ」の監督だそうだから期待出来ると思います。

ハンブルク→イスタンブールへ

重いテーマのようですが、これは絶対観なければ。お正月映画のようです。
「そして、私たちは愛に帰る」・・・いいね。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしゅう!
[PR]

by salaamu | 2008-12-02 08:31 | ランチ・グルメ