新年おめでとうございます

a0108358_1001170.jpg

皆様、明けましておめでとうございます。

これは暮れ最後の「アラビア書道教室」で行われた打ち上げ?本当はクリスマス会だったんだけど、今回は暮れになってしまったのですが、そこで毎回お楽しみのプレゼント交換で当たった「加賀 金箔茶」なのであります。
有り難いです。早速このお正月に頂きたいと思います。ありがとう!

大晦日は水曜日だったので、映画を夫と観ました。
ワールド・オブ・ライズ」R・ディカプリオ、ラッセル・クロウ主演。
中東を舞台にCIAとテロリスト達との攻防みたいな映画。リアルでまだ余韻が残っています。どこでロケしたのか詳しくは分からないのですが、こんな自爆テロが日常的に起こっているイラクの現状が見て取れると思います。正直、胸が苦しい。今はパレスチナがイスラエル攻撃を受けていますし、こんな殺し合いが映画の中だけでは無いのが恐ろしい。

ディカプリオは骨太になったと思う。CIAでありながら、どこか中東に惹かれていく姿とアメリカそのものの考えを出すラッセル・クロウ。充分にディカプリオは味を出して貫禄さえ感ずる。こういう映画がハマり役になってきた。「ブラッド・ダイヤモンド」と重なる感じはしましたが、見応えある映画でした。ロケも各国本当にやっているのかも、と思いました。ヨルダン・シリア・トルコなど出て来ます。その風景を見るのも楽しいです。でも、決して楽しい映画ではなく考えて欲しい映画だと思います。中東の現実とアメリカの見方をね。

a0108358_10172469.jpg

NikonD70s AF-S18-135mm

マンションから見た初日の出です。
太陽を撮ったのは初めてでしたので、下手くそでスマン。

今年もどうぞよろしくお付き合いして下さいね~051.gif

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッと初応援ね!
[PR]

by salaamu | 2009-01-01 10:34 | 映画

未来を写した子どもたちのサントラ

a0108358_1244276.jpg

映画「未来を写した子どもたち」を観た。
インド・カルカッタにある売春窟というのか売春街というのか分からないけど、代々女性は売春婦という町で生まれた子供達に監督(女性)がカメラを持たせて、その子供達の姿を追ったドキュメンタリー映画。
2005年度アカデミー賞、最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。

映画は考えさせられるけどなかなか良かった。子供達のキラキラ輝く目が良い。その心を忘れないで欲しいと願わずにはいられない。

映画も良いんだけど、ワタシはその音楽にも心が動いた。インドなんだけど、どこか中東っぽい感じもあって早速サントラを購入。

作曲・音楽監督は米国人ジョン・マクダウェル氏。
シカゴの大学出た後、セネガル・ガンビアに赴き西アフリカ伝統音楽を学んだそうだ。
シタール・タブラ・バーンスリーの他宗教歌謡キールタン、ジャズ、アルメニアの笛など多彩な音で構成されていて、インドインドしている訳では無いんだけどやっぱインド。

残念なのは訳詞が載っていないので、何を言っているのかが分からないこと。その内容が分かるともっと映画の言いたい事も伝わってくるのになぁ。

オープニングの曲でガツンと来た。それはインドなんだけど、中東でもあるようなそんな曲。ちょっと気だるい女性の声が鬱屈さを醸し出して、ググーッと画面に引き込まれていくのです。サントラの最後にリミックスされたその主題歌が一番心を掴む。

他も何だか軽やかなメロディーや色んな民族楽器の音が楽しくて、聴いていて飽きない。

a0108358_1393133.jpg

イスタンブルの音楽現状を描いた映画「クロッシング・ザ・ブリッジ」のサントラ。
(この表紙は趣味が悪いとホント思う)
こちらはトルコ音楽でサズの音色が聴けて心地良い。

この2枚はワタシ的にはかなりお気に入りのサントラです。
「未来を写した・・・」はインド人が作った音楽ではありませんが、現代のインド音楽として聴くにはすごく良いのではと思います。インドの人はどう思うのかは知りたいところだけどね。

民族音楽って、それぞれのお国柄と歴史があるからか心に染み入る。
言葉は要らないのかもしれないけど、その言葉が魂だったりするから知りたいんです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしく!
[PR]

by salaamu | 2008-12-09 13:20 | 映画

ジプシー・キャラバン

マケドニア・ルーマニア・スペイン・インドのロマ(ジプシー)達のバンドが初顔合わせなのに北米を6週間に渡ってツアーをした模様のドキュメンタリー映画を観て来た。
ジプシー・キャラバン」チラシも手に入れられなかったので、リンクを貼りはりました。

こういう音楽ドキュメンタリーは好きです。以前にここでも「クロッシング・ザ・ブリッジ」のお話を興奮の中させて頂きました。今回は「ロマ」という北インドから旅をした人達の一種の民族と言える末裔の人達が背負うものとその音楽を通して訴えるものがテーマだと思います。

言葉も暮らしている国も違うバンドが一つのバスを共有し、ツアーを組んでいく中で育まれる友情・愛・・・

初めは知らない者同士や音楽性の違いで意見が合わなかったりして衝突をする。だけど、次第にお互いを知りお互いの音楽を通して心が繋がっていく・・・
その合間に出てくるインタビューが一人ひとりが、その歴史や家族を思う気持ちや自分達の音楽について語る想いが見ている者の心に響く045.gif
インタビューはそのミュージシャンが暮らしている土地に訪ねているので、舞台に立つ姿とは違う本当の姿を垣間見れるのも面白い。
顔の皺に込められたその人の辛い歴史やロマへの想い・・・

ロマがどうこうじゃないんです。そんなことより、音楽を通して彼らが伝えたいモノが何か、その音楽の共通性・・・インドが起点ですから、何となくフレーズというかモノ悲しい感じとか、こぶしの感じとかが似ているのよね。彼らが背負って来た偏見や差別・・・そんな辛い哀しい想いを詩にこめて叫ぶように歌う姿には感動する016.gif

それにしても、音楽で生業を立てていることに誇りを持っている彼らには本当に感服です。羨ましいくらい。ワタシも弱小ながら自分のウデで仕事をしているので、見習わなければと思いましたよ。でも、音楽って本当に言葉を越えることを見事に見せてくれます。彼らは皆言葉が違うのに、ツアー組んで6週間も過ごしたワケよ。でも、音楽が全てを繋げた。素晴らしいことです。共通は音楽だけでなく、ロマとして生きていること。それに誇りを持っていること。最後のコラボなんて感動するよ。

終わりの方にはすごいドラマがあります。ちょっと涙なくしては見られなかったな。
いやぁ~、良い映画でした。今日は1日映画の日で¥1000だったからか、満席でした。
マケドニアのジプシー・クイーンと呼ばれるオバ様と、フラメンコを歌う貫禄あるオバ様には圧倒されるよ。あの歌声とインタビューを聴くだけでも観る価値はあるね034.gif

今日は写真が全く無くっゴメンなさいっ。たまには勘弁してね~♪

a0108358_232033100.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しい ヨロシクね♪
[PR]

by salaamu | 2008-02-01 23:21 | 映画

乏しい映画観賞

映画は好きなのですが、今年はほとんどと言って良いくらい観ていない。どうしてだか今年はあまり観たいなと思うような作品が少なかったような気がします。環境問題を取り上げノーベル賞を受賞したアル・ゴア氏の「不都合な真実」と・・・
a0108358_1432021.jpg

これだけ。「ドリーム・ガールズ」なんて去年だったかな、と思うくらい遠い記憶なんですが。ホントは「ショート・バス」も観たかった。ビデオもまだ借りて見ていない。いかん!これじゃ。やっぱり映画は大きいスクリーンで観るのが迫力も印象も違ってきますからね映画館に足を運ばないと。今上映されているイランの「ヘルセポリス」は観たいです。これは絵本でも出ているのかな?

今年はケーブルテレビのお陰で海外ドラマにどっぷりハマっておりました。ミステリ・チャンネルをご覧になられる方はご存知でしょうがフランスの刑事ドラマ「女警部ジュリー・レスコー」に12月放送終わるまでたっぷり1年間かかりっきりで見ておりました。これは91年から放送が始まって今なお続いている人気長寿番組。パリ郊外のクレリエール(だったかな?)署の署長ジュリー・レスコーとその部下達の活躍とジュリーの娘2人の成長を描いたものです。15年以上も続いているとマンネリ化しそうですが、意外と毎回話の展開が面白く飽きがこないのがすごい。フランスって暗いイメージがあったのですが、これは最後がいつもジュリーの笑顔で終わるのがとても爽やか。「24」も良いですが、あまり暴力が描かれていない刑事モノも良いものです。レンタルで出ていますから良かったらどれから見てもOKですからご覧になってみて。これでフランス語の単語を少しだけ覚えましたよ001.gif

テレビばかり見ていないで、映画館に出来るだけ足を運んで映画を観たいな。ミニシアター系が好きなのですが、どうしても東京に出ないと無いんだよねぇ。それが難点ではあるなぁ。元旦は夫と初めて一緒に映画を観る予定でいます。何にしようかなぁ~023.gif

a0108358_14394842.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しい よろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-29 14:42 | 映画

音楽は架け橋

ずっと見たかった「CROSSING THE BRIDGE~サウンド・オブ・イスタンブール」のDVDを借りて見た。イスタンブールを中心にトルコの今のミュージック・シーンをドキュメンタリーで追った映画。こういうミニシアターものが私は好きなのですが、最近映画館まで行って観ることが無くなってしまった。都心から離れてしまったのが原因かもなぁ。残念なことだわ全く・・・

映画は最初はイスタンブールの若者達の様子を映すんだけど、トルコ語のロック・ラップ・ヒップホップ・ブレイクダンス・・・と欧米化されているように見えるけど彼らはトルコ語で自分達の魂を吹き込みアメリカとは違うんだ、ってなことを言うんだな。でもさ、どう見てもヤクをやっているって感じの野郎がタバコふかしてたり、ビール飲みながら語る姿は同じじゃないの?と思えてしまう。ドラッグ問題はあるみたいよ。イスラム国だけどトルコってゆるゆるなところがあって、地元のエフェス・ビールは本当に美味しい。あ、話それたけど、そんな今時の若者からだんだん古典的な音楽を演奏する若者が映し出されていく。縦笛(ナイとはちょっと違っていたけど同じ音色)やサズを奏でながらトルコ音楽を唄うその姿はトルコ民族の血みたいなものを強くかもし出しているように思う。クルド人も出てくる。クルドの歌には悲しみとそれでも希望を持とうとする奥深い願いが伝わり、それを唄う女性の声が素晴らしのとそのメッセージに感動した。

そして、千葉真一そっくりのトルコでは有名そうな俳優・歌手のおじさんが演奏するサズは激しいもので伝統を重んじる人達からは昔はかなり批判を受けたと語る。でも、それは今では受け入れられ若者にも受け継がれている様子がうかがわれた。そして、淡路のり子のような存在のおばあ様が歌う姿には驚く。だって、お酒のラク飲み干してコップ投げるんだもの。すっげぇわ。でも、その歌声に衰えは感じられない。トルコの魂がある、って感じ二人とも。

古典的な音楽に縛られずに、でもしっかり受け継いで新しい命を吹き込みながらトルコの魂と血を演奏し、歌う。新しいものから伝統的なものまで幅広く見せてくれ聴かせてくれて、イスタンブールを愛する気持ちが羨ましいくらいに思えた。それぞれ出てくる人達が語るインタビューも胸に響く、いいこと言うのよねぇ。ただ、エンディングがそれらをぶち壊した。だって、なんでマドンナの曲でしかも英語で歌っているのを流すのよぉ。意味ないじゃん。

DVDとCD買おうかな。結構気に入ったわ。サズが良い音出すのよねぇ。ウードとは違った透明感ある音が私には心地良い。民族音楽やイスタンブールに興味ある方にはお薦めの1本です。
a0108358_1238637.jpg

ガラタ橋から見たイスタンブールの風景です。

a0108358_1240294.gif人気blogランキング←ポチッと応援よろしくお願いね~♪
[PR]

by salaamu | 2007-11-18 12:50 | 映画

こんなものだって好きさ

映画の話が出たので、史劇モノだけが好きな訳じゃないよっ。ミュージカルも好きなのだ。もちろん「ジーザスクライストスーパースター」は欠かせない。硬いキリストの磔刑の話をよくぞミュージカルにしてくれた!とそれはそれは興奮しましたよ。(前回の幼稚園の劇で磔刑の劇はしませんでした。誤りで訂正してお詫び致します。だって解る世代でなかったものごめんなさい。何かと間違えていた)
a0108358_22464716.jpg

これはビデオですが、どうしてDVDでこれが出ないのか不思議。こんな傑作が他にある?そりゃ「偉大なる生涯の物語」「ナザレのイエス」「最後の誘惑」などあるけど、ロックでその物語を語るなんて発想が素晴らしい!アンドリュー・ロイドウエバーの傑作ですよ。私は裏切り代表のユダが何故イエスを差し出したか、それは裏切りだったのかと未だに疑問を持っている人よ。この映画の解釈が一番私の想いに近い。この映画をそのままDVDにしてよ!その昔、日生劇場で劇団四季が公演したのを観た私、懐かしい・・・

その他にも沢山のミュージカルを見ています。ミュージカルとは違う音楽映画と言うのかな、音楽が主体になっているのも好き。まず何と言っても楽しい。いきなり唄いだすのが別に違和感無いのよねぇ。その歌声に聴き惚れ涙すのも醍醐味って感じ。最近のヒットは「ドリーム・ガールズ」。これ映画館で観た時、拍手したかったほど素晴らしかった。ジェニファー・ハドソンが涙を堪えながら歌い上げたシーンでは思わず立ち上がりそうになったほどの迫力と歌唱力には久々の興奮を覚えた。ビヨンセもこんなに凄かったの?とその才能に驚いたよ。別に宗教なんて関係ない世界だって大好きよもっちろん!その方が好き。ロック好きにはたまらなかったのは「スクール・オブ・ロック」。これは映画館で爽快だったねぇ。こういう爽快ロック映画は嫌な気持ちをぶっ飛ばして忘れさせてくれて最高さ!
a0108358_23205495.jpg

a0108358_23241756.gif人気blogランキング←ポチッと押して頂けると嬉しい よろしくね~
[PR]

by salaamu | 2007-10-26 23:32 | 映画