ドゥッガの円形劇場

a0108358_14534238.jpg

チュニジア ドゥッガの円形劇場

ドゥッガはチュニジア北部の内陸に位置します。
ここは「アフリカのローマ遺跡の中でも規模・保存状態とも最もよい遺跡のひとつとされている」(チュニジア:楽天舎ブックス・・・から抜粋)とあります。
ヌミディア王国の王候貴族が住んだ町。紀元2世紀のローマ時代にはコロニア・リシナと呼ばれ、ディオクレティアス時代に繁栄の頂点を極め、4世紀の終わりを境に衰退していった・・・そうです。

広く遺跡があちこちに点在していて、見応え充分だけど結構歩く遺跡でした。
当時の石状態になってしまっている遺跡がゴロゴロ転がっていますが、文字が残っているのがロマンを誘います。確実に劇場のどこかを飾っていたんだろうなぁと思うと、ぞくぞくします。

a0108358_1561330.jpg

ワタシのぞくぞくはこの柱にも感ずる。2000年以上前の柱が残っていること自体がワクワクぞくぞくする。だって、当時のものそのままなのですから。
時空を越えて現代にその姿をなおも伝えてその存在感たるや・・・

a0108358_15123535.jpg

日が傾いてきて、柱の影も長くなっています。

石はおそらく粉々にならない限り何千年もその姿を留める。そこが素晴らしいと思う。
現代の建築なんて、後世に残らないものばかり。
魅力を感じないのは永遠には残らないからなのかもしれない。

関係無いけど、銀座にある歌舞伎座の新しい姿に何も魅力を覚えませんでした。
風呂屋のようだからと、以前の雄姿をそのまま再現しようとした意向をあの東京都知事は却下したそうだ。どういう美的感覚の持ち主なんだ!

NikonF601

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←何かを感じて頂けたらポチッと!
[PR]

by salaamu | 2009-02-02 15:20 | チュニジア

チュニジアの地中海

a0108358_949385.jpg

チュニスの南東60kmにあるリゾート地「ハマメット」

あまりにも美しいので、しばし見惚れてしまったくらい透明で鮮やかなブルー。
こんなにも地中海って美しい海だったのかと感動してしまった。
トルコも美しかったけど、ここはちょっと別格。
海岸にはカスバ(砦)があり、そこからの眺めです。

a0108358_9544473.jpg

ギリシアって行った事ありませんが、こんな感じなのかしらね。
大きなパラボナアンテナはあちこちで見受けられました。情報は大事よね。

何だかここだけ時間が止まったような感じで、いつまでもボーッと海を見つめていたい気分になります。ハワイなんかより、こういうリゾートに行く・・・って贅沢だと思うな。ま、ヨーロッパの人にとってはここは近いから羨ましい限り。

はぁ~、海は基本的にどこでも好きだな。つい、写真に撮ってしまう。

NikonF601

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとね!
[PR]

by salaamu | 2009-01-12 10:03 | チュニジア

遺跡の続き

a0108358_155578.jpg

チュニジア スフェチュラ遺跡の続き

神殿。

こういうショットはお手の物だったのにデジ一眼になってから全くこの手法が上手く出せなくなってしまった。
フィルムの方が質感も色も出し易かった。

デジ一眼レフで何かが手こずっている。
思うような写真が撮れないのは何が原因なのか。
悩むカメラ・ライフ・・・

NikonF601

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッと応援ね!
[PR]

by salaamu | 2008-11-09 15:11 | チュニジア

落ちないアーチ

a0108358_8295383.jpg

*チュニジア「スフェチュラ遺跡」

7世紀東ローマ帝国のグレゴアールが皇帝に即位した時に官邸がカルタゴからここへ移ったそうだ。この町からアラブが始まったとされるらしい。
広い遺跡だった。

いつも思うのだけれど、こういうアーチってよく落ちないなぁと。
地震国に住んでいると、どうしても石が寄せ集まっているだけで互いを支えている構図を見ると絶対無理だよなと思ってしまう。7世紀からこの状態なのか、と思うと信じ難い。だけど、それだけしっかりした造りなのだと感心が絶えない。
そして、美しい!

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとお願いね!
[PR]

by salaamu | 2008-11-06 08:38 | チュニジア

ペット

a0108358_9245059.jpg

NikonF601

ラマダン中なのに食べ物の話ばかりでいけない、と気付いてちょっと違う話を・・・
今年のラマダンは辛いとこぼしておりました。残暑が厳しいからね。

チュニジアのカイロワンのどこかのスーク。
チュニジアは丸い独特の鳥籠が名物ですが、一般的には普通の鳥籠を使用するのね。

あちらの方達ってごつい身体(日本が華奢過ぎ?)してらっしゃるので、鳥を飼っているっていうのが何だかイメージ的にギャップを感じてしまう。偏見?よね。
よく店先に鳥籠を置いて、その姿や美しい声を楽しんでいる。

いいなぁ、と思う。何だか平和で優しい感じがする。

小さい頃、我が家でも手乗り文鳥を飼っていましたけど、その姿を見ているだけで癒されましたし愛でる心をどこかで育ててくれたように思います。

それって大事よね。

すぐに人を殺めてしまう昨今、ちょっと立ち止まってみて欲しい。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしく!
[PR]

by salaamu | 2008-09-14 09:37 | チュニジア

祝!チュニジア金メダル

a0108358_9363055.jpg

倉庫ではありません。
a0108358_9373397.jpg

住居なのです。夏は涼しい穴倉のような住居。 NikonF601 AF24-120mm

チュニジア クサール・ハダダ

北京オリンピックの男子競泳1500m自由形でチュニジアの”ウサマ・メルーリ”選手が金メダルを取りました!067.gif

正直、チュニジアが競泳?と驚きましたがこれこそがオリンピックの意味があるのだと思いました。アラブ・イスラーム諸国も頑張っていると見せてくれた素晴らしいメダルだったと思います041.gif

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ
[PR]

by salaamu | 2008-08-18 09:47 | チュニジア

オアシス

a0108358_1019466.jpg
チュニジアのアトラス山脈の方にある「シェビカ」というベルベル人の村に行く途中の山を登って見えた風景。

8月に入って尚暑い日々ですが、自然厳しいこういう風景を思い出したりする。ナツメヤシが広がる風景はこういう荒々しい山や砂漠の中で、ホッとさせてくれる。

我が家の目の前は森だけど、ジージーと蝉の声が聞えてくるしウグイスもまだ鳴いている。生命が溢れる森に、独りの寂しさも癒されるというものだ。

木々があるというのはそこに生命があるということ。
オアシスは生きる者には必要な世界。
ちょっと逃げ込みたくなる今日この頃070.gif

a0108358_10301934.gif中東ランキング←ポチッと応援して下さい  コメントもよろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2008-08-01 10:31 | チュニジア

青空市場

a0108358_9452349.jpg

こういう青空市場ってどこか興奮する。チュニジアのドゥーズ(サハラ砂漠)に行く途中のどこかの町。
承知の通り男だらけのスーク。でも、青空だとあまりそれは気にならない。
こういうところって、何でこんなところでこんな物が売っているのか?と不思議に思うものも出ているから見る方としてはとても楽しい。

子供たちにはお菓子が売られている。大きな鍋で砂糖を煮詰めたようなお菓子を作って売っているオッさんがいたけど人気だった。中東の人って甘~いもの好きだものな。
a0108358_9523499.jpg

裸足の子供たち。男の子がカメラを向けたこっちを睨みつけている。ごめんね。

何でもあるスーパーより、こういう人間臭いスークの方がどこか心が落ち着く043.gif

Nikon F601

a0108358_957891.gif中東ランキング←ポチッと応援クリック! コメントもよろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2008-07-29 09:59 | チュニジア

カルタゴ

             暑中お見舞い申し上げます
a0108358_814350.jpg

連日暑いですね。こう暑いと砂漠か海に行きたいと思う。何で暑いのに砂漠?好きだから。

チュニジアにあるカルタゴはローマによって徹底的に破壊されてしまった。だからほとんど残っていない遺跡。柱1本でも何となく絵になるのが、この空と海の青さのお陰だろう。

破壊されたカルタゴを静かな海がずっと見守り続けているのが余計に儚さを感じた。

チュニジアは青が美しい。白い建物と青い海。ギリシアのイメージがあるけど、チュニジアもそのコントラストが美しい。

Nikon F601

a0108358_815938.gif中東ランキング←ポチッと応援お願いします よろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2008-07-22 08:17 | チュニジア

コロセウム

a0108358_16113459.jpg

チュニジアはエルジェムにある世界で3番目に大きいとされる円形闘技場。240年ローマ皇帝ゴルディアヌス3世により建てられ3万人収容出来た。

イタリアに行った事が無いのでローマにあるコロセウムと比較出来ないのが自分的には今のところ良いかなと思っている。保存状態は良いそうだ。
a0108358_16155779.jpg


感動したのは屋根が残っていたこと。屋根ってなかなか何故か残っていない遺跡が多い中、ここに来てその姿を残していることと、その規模の大きさに驚いた。その屋根に立って撮影しています。

ローマ人の娯楽にかけるそのエネルギーは尋常では無かったと思わされる。また、どれだけの奴隷が犠牲になったのか・・・でも、その血生臭さを感じさせないのが自分で意外だった。

2000年もの時が経ち過ぎたからか・・・

Nikon F601



a0108358_16215532.jpg

美しいと思った。美しい楕円。ここでグラディエーター達が闘い見世物になったとは思えない。でも、その舞台と地下の部屋は残っていて確かに在ったことを思い知らされる。

今でもコンサート等に使用されているようです。そこが石造りの素晴らしいところ。2000年前の建物をそのまま利用出来るというのが日本では無い木の文化との違いだ。

感動した遺跡の一つでした034.gif

a0108358_1629433.gif中東ランキング←ポチッとクリック応援 お願いしますね~♪
[PR]

by salaamu | 2008-07-18 16:31 | チュニジア