一応年の瀬?

年の瀬で何処もかしこも忙しいそう。今年は色々あったなぁ~などと思っていたら夫がいじくっていた私のミニコンポのCDがいかれていまった。なぬぅ~、それは私が一人で稼いでいた時ナケナシの金で買ったコンポ。壊したなぁー!彼はバンドをやっており貧乏だからダビングするのに私のコンポをよーく利用していたのだ。丁寧に使っていたのに・・・ま、彼がいけないワケじゃないんだろうがこんな年の瀬にリビングのコンポがイカレると困るのよね。ラジオは聴けるみたいだけど・・・で、ヤ○ダに今時はどんなコンポがあるにか物色したりして午後は散々でした015.gif

でも、夜は夫のゴチでお気に入りの焼き鳥屋に行ってご満悦でしたがね
a0108358_2314487.jpg

これ白レバーと言ってここの名物。とろ~りした舌触りが何ともクセになるのです。前日に予約した時に覚えておいてくれたみたいで、2本だけ取って置いてくれたらしい019.gif人気だからこれはすぐ売れ切れになるのよね。いやぁ、その心遣いが嬉しい。田酒の純米大吟醸などを堪能しましたわ。ま、これが我らの今年の〆かしら?

昼間に風が強かったけどちょっと金沢文庫の称名寺に新年の準備はどんなか見に行ってみた。
a0108358_23252582.jpg

お堂の前にある鐘の周りにはライトが準備されており、除夜の鐘はバッチリって感じでした。私達は行きませんが、家にいるとどこからか鐘の音が聴こえて来ます。さすがにここではないでしょうが、年の瀬の準備は整っていたということです。

8月から始めたこのブログ、色んな出遭いがありました。どうも有難うございました。是非続けていきたい思っています。ちょっと変わった内容かもしれませんけど、来年も宜しかったらどうか遊びに来て下さいね。良かったらコメント頂けると尚嬉しいです003.gifどうぞよろしくお願いします。

良いお年をお迎え下さい。

a0108358_23384359.gif人気blogランキング←ポチッと頂けたら嬉しいです 来年もよろしくね♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-30 23:44 | ブツブツつぶやき

乏しい映画観賞

映画は好きなのですが、今年はほとんどと言って良いくらい観ていない。どうしてだか今年はあまり観たいなと思うような作品が少なかったような気がします。環境問題を取り上げノーベル賞を受賞したアル・ゴア氏の「不都合な真実」と・・・
a0108358_1432021.jpg

これだけ。「ドリーム・ガールズ」なんて去年だったかな、と思うくらい遠い記憶なんですが。ホントは「ショート・バス」も観たかった。ビデオもまだ借りて見ていない。いかん!これじゃ。やっぱり映画は大きいスクリーンで観るのが迫力も印象も違ってきますからね映画館に足を運ばないと。今上映されているイランの「ヘルセポリス」は観たいです。これは絵本でも出ているのかな?

今年はケーブルテレビのお陰で海外ドラマにどっぷりハマっておりました。ミステリ・チャンネルをご覧になられる方はご存知でしょうがフランスの刑事ドラマ「女警部ジュリー・レスコー」に12月放送終わるまでたっぷり1年間かかりっきりで見ておりました。これは91年から放送が始まって今なお続いている人気長寿番組。パリ郊外のクレリエール(だったかな?)署の署長ジュリー・レスコーとその部下達の活躍とジュリーの娘2人の成長を描いたものです。15年以上も続いているとマンネリ化しそうですが、意外と毎回話の展開が面白く飽きがこないのがすごい。フランスって暗いイメージがあったのですが、これは最後がいつもジュリーの笑顔で終わるのがとても爽やか。「24」も良いですが、あまり暴力が描かれていない刑事モノも良いものです。レンタルで出ていますから良かったらどれから見てもOKですからご覧になってみて。これでフランス語の単語を少しだけ覚えましたよ001.gif

テレビばかり見ていないで、映画館に出来るだけ足を運んで映画を観たいな。ミニシアター系が好きなのですが、どうしても東京に出ないと無いんだよねぇ。それが難点ではあるなぁ。元旦は夫と初めて一緒に映画を観る予定でいます。何にしようかなぁ~023.gif

a0108358_14394842.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しい よろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-29 14:42 | 映画

振り返ってみる

今日で仕事納めの方も多いことでしょう。今年もあと3日とちょっと。年賀状も出したし、着々と新年へ向けて進んでおります。
a0108358_14114351.jpg

我が家はスーパーでお手軽パックの鏡餅もどきとお正月のお飾りを用意しています。いっつもこのお餅、鏡開きの時などには開けず忘れ去られたころに「あ、まだコレあったね」と放ったらかしにされます。

さて、今年の私を振り返ると何を置いても4月から新しい仕事に就いたこと。それがっ、今まで私は黙々と机に向かってコツコツ手を動かして人とあまり関わらずに22年仕事をしてきたのですが、180度別世界の人前でしかも若い人相手に「教える」という立場になったことです001.gifもうそれは天地がひっくり返るほど有り得ないことなのです。だって、ワタシは人付き合いが下手というかちょっと苦手なところがあって(人が怖いのね)人を避けるところがある。だから、友人達全員驚きを隠さず、でも何故か皆さん喜んでくれたのよね。実際やってみると恐れていた今時の若い人に自分が向き合えず潰れるかと思っていたけど全く違って向こうから寄って来てくれて、すごく安心したし楽しい。自分が一番苦手としていた部分が少しだけ開いたと思う。これが一番ですね016.gif

そして、そうブログを開設したこと。これも人との関わりになるでしょ?相手は見えないけどね。それに自分の世界を改めて探求出来る場になって来ている事は大きいと思う。ムスリマ(イスラーム教徒♀ね)ではない私がイスラームの世界について述べるのも実は勇気が要ったのですが、今のところモンクを言われることも無く発信出来ていることは実に嬉しいことです003.gif11月東京ジャーミーに友人達を連れて行ってイスラーム世界を見てもらったことも私にとっては嬉しかった。そこで頂いた冊子(無料だった)・・・
a0108358_1442481.jpg

これらを読んでもっとイスラームについてお勉強をしたいと思っております。

a0108358_1451325.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しいです よろしくね♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-28 14:55 | ブツブツつぶやき

ちっとも進まない

仕事の納品は先週末土曜日に終えたので、もう仕事納めにしてしまえー。でも、この時期って他にやらねばならぬ山盛りの仕事が待っている。大掃除?いやそれはポタポタやっていくけどね、そんなんじゃござんせん002.gif
a0108358_15401137.jpg

あたしゃ自営業者。怠け者のワタシは今年溜まった領収書を前に格闘するのだ047.gif
ところがこれがまたうんざりする作業で、月ごとに束ねて交通費など書き加えていき日付ごとに並べてスクラップブックにペタペタ貼り付けてパソコンの出納帳にポチポチ数字を入れていくのだ。経理の人はお手の物でしょうが、どーもその作業が性に合わないようで、ちょっとやってはウロウロ歩いたり思い出したようにお掃除したり植木にお水をやりに行ったりしてじっとしていられない。どうも数字に弱い為かペタペタ貼るところに行くまでにつまずく。まだ12ヶ月分束ねていない。電話の伝票を集めてはため息をつく、あ、まだあっちの伝票も整理しなくちゃと思うとまたため息・・・今年は全然少ないんだけど少なくても作業は同じだからやる気が出ない007.gifあ~ん、悲しいかな誰もやってくれないし頼めない(あまりにも収入少ないから)。どうにか楽しい作業に変えられないかなぁ~、トホホ025.gif

a0108358_1675987.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いします よろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-27 16:11 | ブツブツつぶやき

建築ラッシュ

ものすごーく興味を惹いた本が出た。横浜駅周辺の本屋を探しまくったんだけど、何故かルミネの有隣堂しかみかけなかった。さっそくGET043.gif
a0108358_1791251.jpg

夢枕獏著「シナン」(中公文庫)-16世紀スレイマン大帝のもとで繁栄を誇るオスマントルコ帝国に、工兵から宮廷建築家へと昇りつめた男がいた・・・。「石の巨人」と呼ばれ史上最大のモスクに挑んだ天才建築家シナンの生涯ーとあります。イスラーム建築及びモスク大好きなワタシとしてはこれは読まないとマズイでしょう。本の表紙もばっちりアラブちっくでもう飛びついちゃいましたよ010.gifただ、まだ「サハラの王子さま」たかのてるこ著が読み終えていないので読めない、と言うか1冊読み終えないと次に進めないのですよワタシって。途中で次の本に行っちゃうと、もう前に戻れなくなるんだな。中途半端に終えたくないもの。我慢してさっさと読んでしまおう。だって、まだ待機している本もあるんだもの。
a0108358_17242596.jpg

深見奈緒子著「イスラーム建築の見かた」(東京堂出版)。これは本格的に解説してくれている本なので、お勉強するにはバッチリ。もっとこういうイスラーム建築について書かれた本があると助かるのになぁ。色々知りたいし、勉強してからモスク等を訪ねたらもっと興味深く考察出来ると思う。ここでの建築のご紹介ももっと詳しくしたいしね。来年も探求していくぞ066.gif

a0108358_17341794.gif人気blogランキング←ポチッと頂けたら嬉しいです よろしく♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-26 17:41 | 読書

今年ラスト中華街ランチ

スキンを元に戻しました。今日から絵文字が使えるようなので少し楽しい画面になるかな045.gif

さて、今日はラストの中華街ランチ。その前に一度ランチしているんだけどハズレだったのよね050.gifそういうこともあるのよ。ハズレはここでは紹介しません。今日は冬休みに入ったからか学生らしきカップルが11時台からあちこちお店選びをしていました。いつもだったら修学旅行生なんだけどね。
a0108358_16264420.jpg

季節の野菜とイカ炒め¥600(税込み)ご飯がデカく写ってゴメン。いや、これ多くないか?と思ったんだけど、意外と普通盛りで私でもOKでした。イカは今の季節モノらしく他のお店でもランチで出ていました。まぁまぁのお味でしたね。ところがっ、このスープ。フカヒレのスープだったのですよぉ、びっくり。こんなの初めて。今までの中で一番のスープでした。これは美味しかったですぅ016.gif
a0108358_16315128.jpg

市場通りにある永福楼。景徳鎮の前です。狭いお店でした。2Fに円卓があるようでした。フカヒレ・スープで〆たのはちょっと気分良かったかも。しかも¥600で。

来年はもうランチ情報はあまり出来ないかもしれない。毎週関内の用事が3月で終えてしまうからね。月1日になる。その時にでもご紹介出来たらやっていきますね006.gif

a0108358_16471987.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しいな よろしくね♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-25 16:49 | 中華街

巻き会パーティー

クリスマスは料理が上手く生春巻き大好き人間が集う「巻き巻き会」リーダー家でホームーパーティーを行います。今年も8名が参加をし、楽しいひと時を過ごしました。
a0108358_110085.jpg

我らは七面鳥なんてものより「生春巻き」が主役の正しいメニューなのだ。クリスマスだろうが誕生会だろうが「巻き会」は春巻き無くしては始まらない。そして、料理好きの人がそれぞれ腕をふるって美味しい料理を持って来てくれます。今回は香辛料たっぷりのカレーとお肉が柔らかいシチューや野菜の酢漬けなどを作って来てくれました。いやぁ、嬉しいねぇこういうのって。1年ぶりに会う人もいたり初めてお会いする人がいたり、ホームパーティーは色んな出遭いがあって楽しい。それはリーダーの人徳と言うか人望が厚いからだよなぁ、と思っておる。いつも料理作りで大変だろうけど、皆それを美味しく頂いてシアワセになれるんだから有り難いと感謝していると思うよ。
a0108358_11163114.jpg

そして、今回はお誕生日の人が2名。リーダーのパートナーとゲストの写真家の女性。イチゴたっぷりのケーキでお祝いさ。良いなぁこういうの。でも、いつから誕生会にもなったのかな?そして、ここでもプレゼント交換会がありますよ。私はマジックが当たりました。夫をだましてみようとちょっと楽しみ。私はここで退散しましたが、残留組は朝までゲームしたりして盛り上がったことだと思います。オールナイトのパーティーだから、体力もいる会なのだ。
a0108358_11241399.jpg

サンタさんもきっと一緒に楽しんだことだと思うな。また来年も「巻き巻き会」は元気に春巻き食べて遊ぼうね~。ありがとう、美味しかったよぉ~。

a0108358_11312317.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いね よろしく~♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-24 11:34 | ブツブツつぶやき

贈り物♪

アラビア書道教室1年の最後の日は恒例の「クリスマス会」がささやかに行われます。イスラーム色が強いのにクリスマス?いいの、いいの先生は寛大なお方。1年の締めくくりとして交流を兼ねて教室最後の30分ほどお菓子を頂きながら談笑します。

そこで最大のイベントはプレゼント交換。一人¥1000程度のプレゼントを用意しアラビア数字を付けてくじを引いて頂きます。アラビア数字が解らないともらえない(?)システム。ちょっと混乱された方がいらしたようでしたが、全員無事手に渡りました。談笑しながらプレゼントを開けて一人ずつ頂いたものを披露しながら来年の抱負を語っていくの。これがいつもドキドキする。毎年11月位になるとプレゼントは何にしようか、と考えるな。皆さん結構センスが良いものを用意されるので悩むよマジで。ユーモアたっぷりだったりすると、やられたなと思う。私も受け狙いに路線を変えようかな。私が今回頂いたものは・・・
a0108358_12445794.jpg

カードが入っていて「トルコの胡椒ひきです」とありました。ヤッホーッ♪トルコ大好きなワタシとしては嬉しくて舞い上がってしまい、ちゃんとお礼の言葉も述べられず抱負もそこそこしか言えず申し訳なかったですぅ。いやぁ、ホントすっごく嬉しい!きっと11月本田先生の個展でイスタンブールに行かれた方のお土産でしょう。ちゃんとブラック胡椒1袋も入れてくれておりました。カードには「うちでは12年使っています」と書かれており、その方も愛用されているようです。
a0108358_1252304.jpg

このように上下に分かれて挽いた胡椒が貯まるようになっていました。真鍮製で重みがあり模様は手彫りのようで味わいがあります。家に帰ってから夫に興奮して見せて、それから二人で挽いてみました。結構硬いのですが、挽くと胡椒の香りがふあ~んとして食欲をそそります。こりゃ良い!素晴らしい贈り物を頂き、感謝と共に来年も美しい線が書けるように頑張るわ!贈って下さった方、どうもありがとう!家も長持ちさせるよ~。

a0108358_1304182.gif人気blogランキング←ポチッとプレゼントお願いね よろしく~♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-23 13:02 | ブツブツつぶやき

天井のカリグラフィー

ちょっとバックをクリスマスチックにしてみました。ま、この時期限定です。何だかバックを変えるとガラリとイメージも変わってしまうのね。華やかだけど、う~ん慣れていないせいか落ち着かないわ。

前回最後の写真がドームの天井だったので、他の天井はどういうのがあるのかご紹介してみましょう。チュニジアの写真を見ていたら、他のドームも透かし彫りになっていたのでもしかしたらチュニジアの特徴なのかもしれません。繊細な感じですね。
a0108358_16521089.jpg

イスタンブールのイェニ・ジャーミーの天井。中心は模様だと思っていました。模様にしては何だか揃っていないなぁ、とじーっと首が疲れるまで見上げていて文字だと判った時はびっくりした。そこまで文字で飾るのか!と。何が書かれているのか判るともっと深く鑑賞出来るんだろうな、と思う。トルコのモスクの天井はこういうのが多いです。そして、下の周りに4箇所丸く文字が書かれていますがカリフの名前です。モスクには「アッラー」「ムハンマド」と4名の正統カリフが掲げられています。
a0108358_16563912.jpg

東京ジャーミーの天井のカリグラフィー。いやぁ、すごいな。こうやって円の中に文字を書く作品があるのもこれで納得です。こういう場所に使われるのね。円の中に全ての言葉を均等に配分良く収めなければいけないので、高等な技術が必要ですね。私には絶対に無理!一度楕円の中に書いてみたけど、端っこが余って無理に線を延ばしたりして下手クソ極まりなかった。難しいですわ。
a0108358_1710532.jpg

ここはゴージャスですよ。サマルカンドにあるレギスタン広場にあるティッラー・カーリー・マドラサ(1660年建築)。先日のT○Sテレビ「世界遺産」のサマルカンドでも紹介されていました。今夜23:00からBS-iで再放送されるようなので見られる方はご覧になってみて。ここの修復に金3㎏使用したそうだからねぇ。いやぁ、そりゃもうため息ばかりつきしたさ。眩しいばかりの天井だけでなく壁だって黄金なんだから!お口をあんぐりと開けて見上げたワタシ。オバカ丸出しでした。

a0108358_17172368.gif人気blogランキング←ポチッと頂けたら嬉しいです よろしくね♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-21 17:20 | イスラ-ム建築

タイル・霊廟編4

チュニジアにも素敵なタイルがあります。首都チュニスから南へ入ったカイラワンにあるシディサハブ霊廟。ガイドブック(楽天舎ブックス)によるとここは「預言者ムハンマドの教友の一人アブ・ザマ・エル・ベラウィの通称がシディサハブで、預言者のひげをともに埋葬されたことから「床屋のモスク」との別名をもつ」そうです。ここの内装も訪れた者の目を奪うこと間違いなし。
a0108358_8212090.jpg

四角いミナレットが特徴的なチュニジア。建物全体の写真が無かったので、これで我慢してね。外見はシンプルなのですが、中は壁がずら~っとタイルで飾られている。そのずら~っとタイルをご紹介したいんだけど、人物が写っていてとてもここで載せられないのが残念です。ガイドブックによると「色鮮やかなエナメル焼き技法のタイル」だそうです。表面が結構テカテカ光っていた記憶があります。黄色と緑が多いかな。
a0108358_8272988.jpg

オスマントルコの影響も見られるーとありますが、まさにこれがそうでしょう。前回記事にあるようなチューリップや植物が描かれていますよね。これを見ても周りがブルーでは占められていないのですよ。トルコやウズベキスタンだったらブルーを多く使うだろうなと思う。13世紀頃の建物のようですが、このころレコンキスタの結果スペインから多くのアンダルシア人がチュニジアに逃れて来たそうだ。だから、少しスペインっぽいのかもしれません。
a0108358_8334246.jpg

白と黒のアーチはチュニジアでよく見られた。こちらはブルーが使われていますが、ブルーの色がトルコとは少し違う気がします。
a0108358_840379.jpg

天井はこのように透かし彫りになっていてなかなか荘厳な感じを受けました。トルコと違うのは天井にカリグラフィーが無いってところかな。ここはモスクにもなっているのですが、カリグラフィーが壁にも見られないところが今までと違うところでしょうか。廟でもこんなに国や場所によって違った様相を見せてくれます。面白いでしょ?

a0108358_8444146.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いします よろしくね~♪
[PR]

by salaamu | 2007-12-20 08:47 | イスラ-ム建築