真剣な男(の子)達

その日はウズベキスタンでは祝日だったようで、広場はお祭りでした。あれこれ見学して広場の出入り口を出た所で何やら男(の子)達が真剣に机に向かっている。え?こんなところでそろばんでもしているの?とジロジロ覗いていたら、真剣な面持ちで「気が散るぞっ」ってな目があちこちから飛んでくる。うわっ、ヤバイ場面に遭遇か?
a0108358_22364888.jpg

中の男性がマイクで何やらしゃべっている。ぐるりと囲んだ机にいる男(子供も多い)達が真剣に下を向いて無言で指を動かしている。もしや、賭けごとか?
や・ヤバイんじゃないのワタシ・・・005.gif
だってここにはしかいないし、殺気立っているし・・・
ヤバヤバな気分でしっかり側の男の子の手元を見ると・・・
a0108358_22464468.jpg

数字の上にトウモロコシの粒を乗せている。あれ?もしかしてビンゴ?
本当のところは未だに解らないが、あまりにも真剣な表情だったので絶対賭け事だと思ったんだけど、トウモロコシ粒だもんなぁ。何か気が抜けたよ001.gif

真剣ながら、どこかのどかなウズベクなのでありました058.gif

a0108358_22541179.gif人気blogランキング←ポチッとお願いします 応援してね~♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-30 22:56 | ウズベキスタン

ランチ中華街編

毎日ここは北国か、思うくらい刺すような空気。寒いっ!これじゃ寒過ぎて自転車で遠出する気になれない。益々遠出から遠のいております。いかん!が、鼻水垂らしながら走るなんてワタシには出来ないわ046.gif

さて、お馴染み中華街ランチ。今日こそトルコ料理にするかとも思ったんだけど、その気になれず・・・難しいわ食べたい気持ちって。
a0108358_15503542.jpg

東光飯店別館。お店の写真撮るのすっかり忘れたのでリンク貼っておきました。香港路にあります。「五目やさい炒め」¥630。これにもっちろん杏仁豆腐が付く。「五目やさい」ってあるけど、ほとんど「きのこ」で占めていた。シイタケなんてごろごろ入っている。うーっ、ワタシ苦手なのよねぇ。いやぁ、やられたって感じ。正直、7割はきのこなんだから「きのこ炒め」って書いて欲しい。きのこ苦手な人には絶対NG050.gif味は美味しい。だから頑張って完食しましたさ。

一人だったから円卓に案内され、同席していた若いサラリーマン風の男性は「ネギラーメン・チャーハン・でかい水餃子(本当はシューマイみたい)2個・杏仁豆腐・ザーサイ」のセット。ワタシから見るとものすごいボリューム。隣のテーブルのサラリーマン風2人もそれを平らげている。う~ん、もしかしてこれはと値段を見ると¥735。これはお得っ!腹ペコさんにはバッチリなランチだと思いました。こっちをお薦めします。

今日は外を歩いているだけで鼻水が垂れるのでマスクして歩いた。
寒いぞっ022.gifこれも温暖化の影響なのか?
皆さん、風邪ひかないように暖かくお過ごし下さい。

a0108358_16153783.gif人気blogランキング←ポチッとお願いします 応援してね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-29 16:16 | 中華街

マグロより海

週末、何も予定が無いと「ちょっと三崎までドライブすっか」となる時がある。三崎はマグロで有名な港。だけど、どうかなぁ~。お土産屋はどこも冷凍ものが多く占め、それより干物・・・という私達。にしても、お昼に到着したのでランチを何とか探す・・・
a0108358_22493319.jpg
「まぐろソースかつ丼」¥1000。9店舗がどこも¥1000でこのメニューが頂けるようです。味とサービスがどこも違うようで、食べ比べるようなスタンプ制があるようです・・・私達が入ったお店は個人店で、「ご飯は少なめにしました」と持って来て下さいましたが、それで正解。「かつ」ですからボリューム満点。トンカツが苦手な人でもあっさり・・・とまでは言い難いですが私でももたれずに頂けたからお試しあれ。でも、ソースかけ過ぎなんですけど008.gifマグロの味噌汁でしたよ。山盛りのキャベツは三浦産です。地元活性のメニューのようです。意外に美味しかったです。三崎に来るまでの道路左右にはキャベツ畑と大根畑が広がっておりました。写真にはないですが、見たこともないブッとい大根やら丸い大根やらが露店で並んでいました。のどかな風景です。

お土産屋「うなり」でしたかなセンターのような所では・・・
a0108358_2301915.jpg
こういう旨そうな「つぼ焼き」もあります。その前では八百屋もあります。何でも産地ものが揃っている・・・と言いたいがよく見ないと三崎産地だけのものだけでは無いので注意が必要です。


a0108358_2341858.jpg
マグロのタマゴ。これはここならではないでしょうか。ただのマグロを求めてここへ来てはいけない。つまり、どう料理すれば良いのか私には分かりませんが、こういうのが「好き」な人にはたまらない所だと思います。ただの「マグロ」を求めて来るのだったら午前中です恐らく。日曜日には早朝から朝市が開かれるので、それを狙って来られると良いと思います。

そこから帰りに134号線を逗子に向かって走ると「立石海岸」があります。以前から気になっていたのですが、今回やっと行くことになりました。葉山よりもずっと南です。信号に「県立立石海岸駐車場」とありますから、そこに入ります。無料です。
a0108358_23202296.jpg

なんとも風情のある海岸が現れるのです。海の波しぶきを聴きながらボーッとするには絶好の場所です。ゴツゴツした岩場を歩いて散歩して、遠くに海眺める・・・
a0108358_23301516.jpg

「たそがれる」には最高の場所でしょう。静かだし、波の打ち寄せる音しか聴こえない。エメラルドグリーンの海に、アナタは何を想うのでしょうか039.gif

a0108358_23352478.gif人気blogランキング←ポチッとお願いします 応援して下さいね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-27 23:38 | お散歩

ペトラはマーブル模様

ヨルダンにあるペトラと言ったら映画「インディー・ジョーンズ」でお馴染み遺跡の宝庫です。馬に乗って映画の舞台になったエル・ハズネを見る―だけかと思っていた。がっ、1日かかって遺跡を歩くとは思ってもみなかった。大体そんなに遺跡があるとは思っていなかったから。無知って何度も書くけど、怖いわ。行く前に調べろよって感じ008.gif
a0108358_125842100.jpg


ペトラの遺跡群は、このように岩をそのままくり貫いたり削ったりしています。とても彫って作ったとは思えないほど正確にコリント式の柱も出来ています。はめ込んだように見える。ナバテヤ人の技術はすごかったんだなと思う。

それらをご紹介するのではなく、私が目についたのはその不思議なピンクの岩の地層です。



a0108358_13113929.jpg

これも遺跡の一部ですが、このマーブル模様の地層に驚きました。ここはどうなっているのかしら?建物は岩を彫っているし、残念ながら写真では出ませんが綺麗なピンク色をしているのです。ローマ時代の円形劇場や色んな遺跡群を見て歩いたら、今度は階段をひたすら登っていく。
a0108358_13161249.jpg

まるでトレッキングのように登っていく途中でもこんな芸術的な地層が顔を出す。下だけでなく上まで全体的にここはピンクのマーブル模様の地層になっているのです。

何とも不思議で自然が造り出した芸術は素晴らしい!ペトラは他では滅多に見られない遺跡とこの自然の芸術が見られ、はるばる訪ねる価値は十分にある所です。朝から夕方までたっぷりと時間をかけて見るといいでしょう。夜は満点の星空が待っています034.gif

a0108358_13274513.gif人気blogランキング←ポチッと頂けるとうれしい 応援してね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-26 13:29 | シリア・ヨルダン

ウズベク・アート

中央アジアという所は、何となくミニアチュールが盛んなのかしら?と漠然と思いながらウズベクで出遭えたらな、と思っていた。でも、その本場はトルコなのかしら?
「15世紀オスマントルコのメフメト2世によって細密画の技術が向上し、広く描かれるようになった。」とある。「スルタンの肖像画や戦争風景・歴史上の出来事などを中心に描かれた」とも。あれ?トルコでは見かけなかったような・・・ワタシが見るべき所を見ていなかったとか?そうかも008.gif

とにかく、ウズベキスタンでは工芸品を見る機会が幾度かあった・・・とは言ってもお土産屋さんだけどね。
a0108358_23353996.jpg

一心不乱に筆に魂をこめて描いているところをパチリと撮ったら驚かせてしまったようで、筆を止めてしまった。申し訳ない・・・と思い彼から小さな作品を購入した。
a0108358_2338043.jpg

縦7cm横5cmの小さなミニアチュール。「紙や象牙などの上に猫の毛を用いた筆により細部を描く。白鉛を原料とした染料を使い仕上げに金粉を撒き散らすことも多い・・・」ともあるネットには書いてあった。確かに繊細な細かいほそーい線で描かれています。これはほんの練習のつもりのものだったのかもしれない。

今度そっち方面に行ったら真面目にミニアチュールを買い求めようかと思う。だって、そんな線描けないものワタシには。柔らかい線と、そのしなやかな曲線がもたらすふくよかなな世界に何故か惚れたワタシであった。トルコがやっぱり本場なのかしら?

a0108358_2347157.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いします よろしくね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-24 23:48 | ウズベキスタン

フルーツが豊かって・・・

市場に行って見るものは色々だけど、何しろ出かけるのが夏休みだったりするから真夏の中東ではフルーツが命綱になる時がある。普段は別に好んで季節のフルーツをふんだんに頂くほど気を遣ってはいない。今なんてリンゴを頂いたりしたら、何日も日の目を浴びないないなんてザラ。それでは悪いから何とか食べようと努力はする・・・努力して食べるものでは無いのにね。

がっ、真夏の旅となるとかなり体力的にキツイし身体がバテる。そんな時に食事の席で目の前にスイカが出された時に口より身体が手を出したのを覚えている。それはシリアだった気がする。過酷な旅で水分と糖分を身体がまず欲していたのよね。あの時のスイカの美味しかったことと言ったら・・・
a0108358_22495293.jpg

ウズベキスタンでまず目についたのは「ブドウ」だった。必ず食事のテーブルに山盛り置いてあった。ワタシが思うに、フルーツが豊富で安く市場に溢れている光景を見るとその国の農業は豊かである―と勝手に決めている。主食では無いけど、こんなに人々に愛されているフルーツが豊富にあるって何か違うと思う。高い輸入モノなんか目じゃない。自国で当たり前のように人々が求め、必ず食卓に上がり身体が欲するもの。こういったオバちゃん達から買うのも何だかホッとする光景にワタシの目には映るのだ043.gif
a0108358_2257391.jpg

こんなに沢山のスイカとラグビーボール型の白いのはメロン。このでっかいメロンの中身も白色ですごく甘いのだ。汗をかく真夏の胃にはすごく優しい。素朴な味だったよ。それにしてもデカイし、沢山ある。これが豊かと言うんじゃないの?キロ単位で売っているんでしょうね。この溢れんばかりのスイカとメロンの山の向こうには・・・
a0108358_23104998.jpg

香辛料?を売るオヤジが・・・渋いっ!渋過ぎ。きっと何年もここでこうして座っているんだろう。ウズベキスタンの市場は飽きないのだ070.gif

a0108358_23181813.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いします よろしく~♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-23 23:19 | ウズベキスタン

冷え~っ!

朝、駅までチャリで走ると耳は千切れんばかりの凍った空気に痛めつけられ、手は手袋していたって射すような風が指をこれでもかといじめる。足は足で足首までのブーツしか履いていないので、その上はスースー風が入ってくる。む・無理です・・・寒すぎます002.gif

リンク集で掲載している「いんでないかい北海道」では連日凍えるばかりの、だけど素晴らしい光景を写真で連載しております。だけどさ、見る度に「寒い~っ!」と叫んでしまう。だってマイナス20度の世界を写真に撮っているんだからっ。日本は広いわ。横浜で凍えているなんて甘い甘いっ。甘過ぎてコメント書けませんもの。普段ワタシはGパンしかはかないんだけど、外にいると寒すぎでとうとうこんなものを・・・
a0108358_2253391.jpg

ババ臭いと言われようが何しようが構わないっ!タイツを買ったのだ。でも薄手ね。北海道はこんなものでは間に合わんだろうな。子供の頃、札幌にいたんだけど(札幌オリンピックの時ねって歳バレるじゃん)自分の背丈以上に雪が積もっていた世界にいた。ストーブだってエントツ付きだもんね。その上、お風呂は五右衛門風呂よ信じられる?でも、寒さには滅法弱い007.gif

明日は雪が降るかも、という予報です。都会も雪には滅法弱い。
混乱が無いといいんだけど025.gif

a0108358_2355032.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いします よろしくっ♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-22 23:07 | ブツブツつぶやき

トルコの芸術トゥーラ

トゥーラとカリグラフィーと題された「トルコ~スパイシーライフ」というブログで紹介された「トゥーラ」を見て、イスタンブールの「カリグラフィー博物館」で色々見たっ!と。すごく気になっていたデザインです。
a0108358_22413717.jpg

スルタンのサインをこのようにデザインしたものです。「誰それの息子」とかそのスルタンの名前が表されているようです。これは周りも飾られたものに仕上げていて随分豪華な感じを受けます。これが誰なのか、全く私は読めないので分かりません007.gifゴメンなさい。

サインを同じデザインで表すこと自体が芸術を追求していると思えます。
a0108358_22462930.jpg

これは行間を植物で飾っているのがいかにもトルコらしいデザインだと思います。これも誰のサインなのか分かりませんです、ゴメンなさい008.gif

一つのデザインでそれがどのスルタンのサインなのか、どう表現するのかこれは書家達の腕の見せ所だったのではないかと思います。同じデザインの中で表現の仕方が違う。元のデザインがいかに優れたデザインであるか、といことが言えると私は思います。このカタチが今でも美しいと思えますもの。このことでも、トルコのカリグラフィーがいかに盛んで追求された芸術であるかが伺えます。
a0108358_2257460.jpg

これはイスタンブールのトプカプ宮殿ハーレムの外の壁にあったトゥーラです。このように使われて分かるようになっています。3つとも同じに見えますが、Sの下がどれも違う文字で埋められているのがお分かりでしょうか?そこがキーポイントなサインなのですね。

このデザインで何か書けたら一人前かしら?023.gif

a0108358_233548.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しい お願いね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-21 23:05 | アラビア書道

動物と人との共存

私はイスラーム圏以外では南の島しか行ったことが無いので他の国のことは分かりませんが、アラブ・イスラームの国々は動物との共存が暮らしの中では必須。スークの狭い路地でロバに乗った人と普通にすれ違う。こっちはそういうことに慣れていないから後ろから聞きなれない足音が近づいて来てビックリすることがよくある。ロバやラバは人と荷物を黙々と運ぶ。

郊外を走る車窓からは羊の群れを遠くに見ることがある。そういうのどかな風景を眺めていると、ああ来たんだなぁとしみじみと思う。そういう動物と人とが当たり前のように共存している姿を見ると何だかホッとする。車やバイクと騒音の中で暮らしているのが返っておかしいように思えて来る。
a0108358_15362428.jpg

この羊飼いのオジさん。ちょっと見え難いのですが、カメラ向けたらにっこり笑ってくれました。穏やかなその表情に心が溶けてしまいそうでした。優しいその眼差し・・・人間が違うというのかな、何と表現して良いのかボキャが少ないからうまく書けないけどほんわかしているのよね043.gif(シリアでの一コマ)
a0108358_15461365.jpg

こうやって道端でロバやラバ(?)に乗ったオヤジ達が立ち話している光景も何だか心が和む。これはチュニジアでの一コマですが、すごくのんびりしているよね。ゆったりと時間が流れて別に先を急がないって感じが、何でも早く!が当たり前のような日本でのセカセカした生活とはまるで違う世界。

動物の歩く早さに合わせて暮らしている。人間だけが主じゃない。共に生きているということが時に羨ましく思う。モノの見方も違ってくるんだろうなぁ045.gif

a0108358_1557377.gif人気blogランキング←ポチッと応援お願いします よろしくね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-20 15:58 | アラブ・イスラ-ム

キターブ=本

前回の記事でファッションなど参考にする絶版かもという本のご紹介。今やネットで何でも調べられるけど、私はそういうのに慣れていない(ってしっかりネット使ってブログやっていますが)ので、未だに頼りにしているのは以前に買ったキターブ=本。本はその時に広げて「あ、こんなことも書いてあったんだ~」と発見が(記憶が欠けているだけか?)再度あって楽しい。だって、忘れていることの方が多いお年頃。
a0108358_22551588.jpg

1991年初版大和出版の「ハルム・アラビアの夢」郡司みさお著。この「ハラム」は何かと辞書で調べたんだけど、無知な私がアラビア語辞典を広げてみたんだが「ハラマ=夢を見る」「フルム=夢」これが精一杯なんですが・・・
だいたい「なるほど・ザ・アラビア」なんての、時代を物語っているよね。でも・・・
a0108358_233875.jpg

中は彼女のイラスト入りで見ていても楽しい。写真が禁じられたサウジでの生活の中で書いたものみたい。今みたいにブログが無かった分、結構丁寧にイラストと文章で解説してくれていてとても参考になります。こういった90年代に出た本、色々買っていて今広げると、おお!何と素晴らしい本だ、と思うものばかりです。皆必死で何とかアラブ世界を伝えようとしていたのがよーく伝わって来ます。今でも大事な本ばかりです。宝物だ。
a0108358_23191231.jpg

中にはこんな女性ならではの視点のイラストまであります。すごく特徴を捉えていて見ていて、あ そうなんだと思えるから面白い001.gif
a0108358_23222242.jpg

こんなカーペット・スークの紹介も。ちゃんと産地も記しており、キリムもあると。パソコンがはびこっていなかった時代だから、こういうイラストは私には貴重です。パソコンは便利だけど、キターブ=本は残るから私はこういう丹念な取材のもとでのイラストって大事だと思うね。写真と違って、細部にまでの拘りがまた見つけると楽しい043.gif

今やそれがブログで各地に暮らしていらっしゃる方達が世界に向けて発信されています。瞬時にその情報は得られるますが、皆さんそれぞれが見て感じた事を伝えてらっしゃる。見るこちら側は便利に得ていますが、向こう側にいる方達はその時間がかかっている訳です。
丁寧に見ていきたいですね。

a0108358_23362234.gif人気blogランキング←ポチッと頂けると嬉しい 応援してね♪
[PR]

by salaamu | 2008-01-18 23:40 | 読書