ウズベク女性の衣装

a0108358_1033817.jpg

ウズベキスタン ブハラの街で

久々ウズベクのお話。
女性の衣装って、中東を歩いていると全身黒づくめなどアバヤと呼ばれる全身を覆う衣装を着ている人が多い中このウズベクの鮮やかな服は目を見張った。

鮮やかだしそのデザインも独特で「あ、良いなぁ~。ワタシもその生地欲しい」と思ったものだ。でも、日本で着たらハデかも・・・と思い直したけどやっぱり買って帰りたかったな。

この親子?3人のブラウスらしきものはそう派手では無いけど、チラリと見えるパンツがやっぱウズベク色!そういうファッションなんだーと感心した。ワタシもこれだったらイケたかもしれんと思うと、益々生地が欲しくなってしまった。

NikonF601


こちらのブログ、今年はトーンダウンして不定期更新になりデジ一眼レフにハマった「お気楽なポタポタ」の方にすっかり心が奪われてしまった感じがして申し訳ない。エキサイトの広がり方がどうにも分からなくって、こちらから色んな人への訪問を模索していたのです。FC2の使い方をこちらにも応用出来無いかと試行錯誤をして、やっと何とか他のブログにも行けるようにボツボツなってきました。中東だけに偏らない方向も考えつつ来年はこちらをどうしていこうか、もう少し考えながらやっていこうかと思っております。

ご訪問ありがとうございました。
来年もどうぞよろしくお願いします。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとね!
[PR]

by salaamu | 2008-12-28 10:59 | ウズベキスタン

イスラム暦付きカレンダー

a0108358_1456383.jpg

今年も「佐川信子氏のイスラム暦付きカレンダー」を手に入れご機嫌です。
これはアラビア書道家でアラビア書道協会顧問でもあられる佐川氏がカリグラフィーや周りの模様(テズヒーブ)もご本人が書かれた素敵なカレンダーです。
a0108358_1515111.jpg

こんな感じで、西暦の数字の横にはアラビア数字でイスラム暦の日付が載っており右上にはカリグラフィーでその月の名前とイスラム暦が書かれています。ちなみに、来年はイスラム暦1430年です。

と、言ってもワタシは別にムスリムではないし仕事でも関係ないので必要性は無いのですが一応気になるものですから。
a0108358_1572152.jpg

こんな感じでちゃんとイスラムの祝日と日本の祝日も載っているのでとっても便利。
模様も綺麗だし、お気に入りのカレンダーなのです。

¥1500のうち¥500は「日本イラク医療支援ネットワーク」を通じてイラクの子供達の医薬品購入に充てられますので、気持ち的にも嬉しいのです。

もっとこのカレンダーが広く知られると良いのですが、部数は少ないようです。残念だわ002.gif

NikonD70s AFマクロ60mm

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッと応援ね!
[PR]

by salaamu | 2008-12-24 15:19 | アラブ・イスラ-ム

ホーム・パーティー

a0108358_16564251.jpg

週末、毎年恒例「巻き巻き会」なる生(揚げ)春巻き大好き人間の集まりでクリスマス・パーティーが行われました。料理好きのお二人(友人)が中心で他に料理好きの友人達がそれぞれ腕をふるって持ち寄っての楽しい・おいすぃーパーティー。

主役の春巻きは今回は「揚げ」で左下に写っておりますね。これは何本食べても飽きない非常においすぅ~い旨い!のだ。有り難く目の前だったのでバクバク頂く。
お手製スモークのチーズや玉子、カキのオリーブオイル漬けなどもワインにはグー049.gif
クミンの香り豊かなジャガイモの揚げたもの(名前わかんない丸いの)もパクパクやったわ。
オードブルも箸休めにはウマイ!とパクつかせてもらった。

でも、今回の私のヒットは・・・
a0108358_1763831.jpg


米粉を溶いたものをフライパンで苦労しながら何やら焼き上げて・・・








a0108358_177448.jpg

少し濃い目の味付けした挽肉の炒めたものを巻いていく。
ムムム、これも新たなる「巻き」ものか・・・






a0108358_1792276.jpg
もっちもちの皮というのかクレープみたいな感じのこれも名前わかんない中華料理。
生地は米粉だから味は無いんだけど、具が濃いから丁度良い按配でお口の中はもちもちジュワジュワして最高に美味しかったのだよーFさん!
やっぱFさんはプロの料理人と言えよう。
持つべきは料理上手な友人・・・???


彼は皆が食べている間もせっせと台所に立って絶え間なく作っていくのだ。
凄いぞ!
パートナーのNも忙しく皆の為にもてなしヒマなし!嬉しいよ。
隣の友人と感心してその姿を見入る。



a0108358_1716456.jpga0108358_1717159.jpg










左はミニ・フォー。
右は焼きビーフン。
すご過ぎなのだ。これらをせっせと作り上げていくそのウデは誰にもマネ出来無いのだ。
しかも、本当にプロ並の味なので全員ほっぺが落ちまくりなのだ。

いや、その他の人の手料理もウマ過ぎなのだ。ほっぺが幾つあっても足りないくらい。ホント・贅沢なパーティーだと思う。

この素晴らしい友人達には感謝して止まないと改めて思わせてくれる。
今年は全然会えなかったけどね。
ウツで苦しい時には本当にノリが悪くって申し訳なかった。
皆のパワーには押され気味であるのは実は今でも変わらないんだけどね001.gif

お腹いっぱい、ご馳走さまでしたー!!!どうもありがとう!
[PR]

by salaamu | 2008-12-21 17:34 | ランチ・グルメ

横浜ベイサイドのサンタ

a0108358_17312073.jpg



横浜ベイサイド・マリーナはこの季節になるとヨットにクリスマスの飾りをして停泊していたりします。

それを見るのも楽しいのですよ。


今年は小さなサンタさんが多いような気がします。










a0108358_17331195.jpg



明らかにこちら(ベイサイド側)見る者に向けたサンタさん。

ちょっと何だか寂しい気がするのは贅沢勝手な気持ちなのですが・・・

以前はもっと派手に飾っていたのですがね。











a0108358_1737095.jpg


この綱梯子を登るって、今年の流行なのかしら?
サンタだけでなく、違う人(?)が登っているのをお店で見かけました。

上の写真とは違うヨットですが、こんだけ似ている飾りだと(同じ?)もしかしていくらヨット持っていてお金に余裕がある人でも、こういうのはケチるほど今年は苦しいってことなのかしら?
それを表しているのかしら、と深読みしたくなる。






a0108358_17421630.jpg
久々のクロスライダー。夏以来この子に乗っていなかったの。
ああ、やっぱり本物のクロスバイクって快適だわ。
買い物用にしているクロスバイクとは雲泥の差よ。


走行距離:20.65km



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしくね!
[PR]

by salaamu | 2008-12-16 17:46 | 自転車

久里浜・ランチ編

a0108358_13555172.jpg
久里浜って「くりはま花の国」に行く以外に用事はないです。駅前のアーケードがある商店を通っていつも向かうのですが、毎回気になっているお店がチラホラ。
で、たまたまドライブして久里浜に寄って、その気になっていたお店の1つにようやくランチして来ました。

「中華十八番」の広東麺¥710
ここは地元では人気らしく、いつもお店の前を通る時チラリと店内を見てしまうのですが確かに人が絶えている時って無かったのです。何かでここの広東麺は一番人気だと書いてあったっけ。
30cmはあろうかと思われる大きな器で出て来ました。麺は細めなのですが、やや硬めが非常に良い具合。トロトロのあんかけ濃厚でこりゃ旨い!


a0108358_143448.jpg
こんな感じでアーケードになっています。ラーメン店は他にも何軒かあるようですが、ここが一番女性も入り易い感じでした。
あるお店の前に沢山の写真が飾られているのは花の国かな、と思いよく見ると新宿御苑の紅葉写真だったりして、もしかして店主が写真好きなだけ?何だか笑える。
八百屋も夏は三浦産地のものが置かれていたり、魚屋さんも昔ながらガラスケースの中に置いてさばいていたりして結構楽しいです。

商店街の前にでっかい大型スーパーが出来てしまい、ここが廃れてしまうのではと心配です。昔ながらの商店って、絶対残って欲しいのです。失っては日本の良さも消えてしまう気がしてなりません。



にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとクリックね!
[PR]

by salaamu | 2008-12-14 14:14 | ランチ・グルメ

中華街ランチ・日曜日編

a0108358_958381.jpg

週末、どーしても中華街でランチしたくなって行ってしまった。
確か日曜日でも普通にランチ出していたような・・・そんな記憶を辿って行くとやっておりました。

エビチリソース¥630 これに杏仁豆腐が付きます。
日曜日ですよ、これで。平日は¥500でラーメンが出る。それを以前ワタシは頂いたのでした。で、今回は普通のランチにしてみました。12時直前でしたが、若い人やサラリーマン風の人がチラホラ。ささっとランチするのは良いんじゃないかしら、味も悪くないし・・・

a0108358_106762.jpg

関帝廟のすぐ脇だから分かりやすい場所の長城飯店。

でもね、残念ながら夜に行こうとは何となく思えないんだなぁ。
ランチするには良いんだけど・・・って感じ。
パンチに欠けるような気がする。

久々の中華街ランチ。やっぱり止められない。基本的に中華料理が好きなんですね。飽きないのですよ。
最近はこうしてわざわざ出かけないと食べられないのが残念だな007.gif




にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとね!
[PR]

by salaamu | 2008-12-11 10:13 | 中華街

未来を写した子どもたちのサントラ

a0108358_1244276.jpg

映画「未来を写した子どもたち」を観た。
インド・カルカッタにある売春窟というのか売春街というのか分からないけど、代々女性は売春婦という町で生まれた子供達に監督(女性)がカメラを持たせて、その子供達の姿を追ったドキュメンタリー映画。
2005年度アカデミー賞、最優秀ドキュメンタリー賞受賞作品。

映画は考えさせられるけどなかなか良かった。子供達のキラキラ輝く目が良い。その心を忘れないで欲しいと願わずにはいられない。

映画も良いんだけど、ワタシはその音楽にも心が動いた。インドなんだけど、どこか中東っぽい感じもあって早速サントラを購入。

作曲・音楽監督は米国人ジョン・マクダウェル氏。
シカゴの大学出た後、セネガル・ガンビアに赴き西アフリカ伝統音楽を学んだそうだ。
シタール・タブラ・バーンスリーの他宗教歌謡キールタン、ジャズ、アルメニアの笛など多彩な音で構成されていて、インドインドしている訳では無いんだけどやっぱインド。

残念なのは訳詞が載っていないので、何を言っているのかが分からないこと。その内容が分かるともっと映画の言いたい事も伝わってくるのになぁ。

オープニングの曲でガツンと来た。それはインドなんだけど、中東でもあるようなそんな曲。ちょっと気だるい女性の声が鬱屈さを醸し出して、ググーッと画面に引き込まれていくのです。サントラの最後にリミックスされたその主題歌が一番心を掴む。

他も何だか軽やかなメロディーや色んな民族楽器の音が楽しくて、聴いていて飽きない。

a0108358_1393133.jpg

イスタンブルの音楽現状を描いた映画「クロッシング・ザ・ブリッジ」のサントラ。
(この表紙は趣味が悪いとホント思う)
こちらはトルコ音楽でサズの音色が聴けて心地良い。

この2枚はワタシ的にはかなりお気に入りのサントラです。
「未来を写した・・・」はインド人が作った音楽ではありませんが、現代のインド音楽として聴くにはすごく良いのではと思います。インドの人はどう思うのかは知りたいところだけどね。

民族音楽って、それぞれのお国柄と歴史があるからか心に染み入る。
言葉は要らないのかもしれないけど、その言葉が魂だったりするから知りたいんです。

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしく!
[PR]

by salaamu | 2008-12-09 13:20 | 映画

ヒメリンゴの実

a0108358_1650317.jpg



横浜中華街の南門シルクロードの街路樹はヒメリンゴであると、春頃にご紹介したと思います、確か。

馬祖廟(馬は女へんね本当は)春節祭の提灯が沢山ぶら下がっておりました。通りも皆赤い提灯で飾られております。

この馬祖廟の前の街路樹の花を春に撮って載せたのです。
で、その後どうなっているのか、実って見たことないし「ヒメリンゴ」という名だけあってリンゴのようなのかな、などと胸膨らませ目指して歩いたのですが、そう言えば何時頃実がなるのか知らないのよね。
ま、とにかく行ってみました。




a0108358_1723961.jpg


これが春に咲いたヒメリンゴの花。
桜より一回り大きい感じで、似ているようにワタシには見えたけど。
同じ木で撮影して来ましたよ。






a0108358_175252.jpg

見事に実は生っていました。
2cm位の小さな赤い実。ちょっとリンゴっぽいとも言えるかな。

ワタシが撮った木だけ沢山実が生っていました。どうしてかな、他の木はポチポチしかぶら下がっていないのよね。

花もそうでしたが、当たり前だけど当然実も上の方にしかなく135mmのレンズでもこれくらいにしか撮れないのが残念。もっと望遠じゃないと無理。だけど、下から見上げる感じだからその可愛い姿を上手く写せないかも。

でも、初めて見ました。
だ~れも気付かす相変わらず美味しいお店を探して歩く人達で通りは賑わいを見せていました。


NikonD70s AF-S18-135mm

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしゅう!
[PR]

by salaamu | 2008-12-07 17:13 | 中華街

くりはま花の国の冬

a0108358_1612505.jpg

くりはま花の国の入り口に広がるお花畑の冬の姿。
初めてこんな風になっているのを知りました。ここは以前にもご紹介しましたが一面が5月はポピー9月はコスモス畑になるのです。
冬の間はこうしてシートで覆ってちゃんと管理しているのですね。
今年は残念ながらワタシが行った時のコスモスは1分咲きくらいで壮観とまではいきませんでしたが、来年また楽しみたいな。
a0108358_16165438.jpg

冬は晴れるとくっきり房総半島が見えるんだというのも初めて分かりました。だって、ここは5月と9月以外は用無いんだもの。来たことなかったよ。
海の色も随分濃いブルー。いいねぇ、海の見えるこの風景がまた好きなんだなぁ。

訪れる人はさすがに少ないのですが、静かな感じもいいもんだと思った。
三浦半島はもっと知りたいんだけど、車が無いとなぁ・・・002.gif

NikonD70s

にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとクリック!
[PR]

by salaamu | 2008-12-06 16:21 | お散歩

トルコ料理ランチ・銀座編

a0108358_8449.jpg

銀座で映画「未来を写した子どもたち」を観た後のランチに銀座コリドー街(高架下)にある「ISTANBUL」へ行った。

新宿にあったのは20年前には知っていたけど、その後見かけなくなった(それは場所を間違えていたと昨日分かった)から潰れた(失礼!)のかと思っていました。

ランチは¥900で3種類が選べます。でもね、ドリンクは追加で¥300もかかかる。
ワタシが選んだのは「ほうれんそうのヨーグルト和え」だったかな、これが一番味が分かるだろうと思ったからね。
a0108358_811129.jpg

店内はこんな感じでチューリップのタイルで飾られております。

ハッキリ言いましょう。新宿店の時から気に入らないお店でした。
味はピンボケで香辛料や塩味など薄いし、給仕してくれるおっさんがイチイチくどい説明(20年前当時)でそれだけでもうゲンナリでした。
そのおっさんはもちろん居ませんでしたが、味は全く同じ印象。変わっていない。

私一人でしたが、12時半回っていたのに他には1組だけ。なのに、奥ではなくカウンターを示され入り口のドアは開けっぱなしだから寒いし・・・
やっぱここ、ダメだわワタシは。
a0108358_8192570.jpg
そもそも何で知ったかと言うと、映画館でこのチラシと小冊子を手に取って分かったのだ。小冊子を開くとこの映画の半券サービス店が載っていてね、それで。

この映画はドイツに住むトルコ人3組の親子がたどる再生と希望の旅・・・
「クロッシング・ザ・ブリッジ」の監督だそうだから期待出来ると思います。

ハンブルク→イスタンブールへ

重いテーマのようですが、これは絶対観なければ。お正月映画のようです。
「そして、私たちは愛に帰る」・・・いいね。


にほんブログ村 写真ブログ 旅行・海外写真へ←ポチッとよろしゅう!
[PR]

by salaamu | 2008-12-02 08:31 | ランチ・グルメ