色んなミフラーブ

モスクのお話の続きをしましょう。モスクには必ずミフラーブがあると書きましたが、私は各モスクのミフラーブを見るのも楽しみの一つです。デザインがそれぞれ違っていて趣が違うのでキブラ(マッカ方向の壁)のデザインもそれで違ってきます。そこも面白い。
a0108358_17121340.jpg

これはイスタンブールにある有名なアヤ・ソフィアのミフラーブ。アヤソフィアはもともキリスト教の大聖堂だったものを1453年オスマン・トルコがコンスタンチノープルを征服するとここをモスクに改めた。だから、方角が壁に面していない為に斜めにミフラーブを設けた。ちょっと角からもずれているのがステンドグラスから推測されるでしょ?黄金の立派なもので、何だか圧倒されますよ。
a0108358_17202851.jpg

これはイスタンブールのエジプシャンバザールのすぐ横にあるイェニジャーミー。アヤソフィアとは随分違います。窪みの上にはムカルナス(鍾乳石紋)で飾られていますね。縦に長くカリグラフィーが金で書かれていて荘厳な感じがします。
a0108358_17304016.jpg

イスタンブール大学目の前にあるベヤズット・ジャーミー。ちょっとシンプルですがムカルナスが多くあるようです。重厚な感じを受けました。

イスタンブール(トルコ)ばかりご紹介しましたが、国によってまた違うんですよ。ホント飽きないですよぉ。イスラーム建築って奥が深くってデザインを見て回るだけでも価値はあると絶対思います。研究とまではいかないですが追求していきたいですね。

a0108358_17382543.gif人気blogランキング←ポチッと応援 よろしくお願いね♪

by salaamu | 2007-11-26 17:43 | イスラ-ム建築