コロセウム

a0108358_16113459.jpg

チュニジアはエルジェムにある世界で3番目に大きいとされる円形闘技場。240年ローマ皇帝ゴルディアヌス3世により建てられ3万人収容出来た。

イタリアに行った事が無いのでローマにあるコロセウムと比較出来ないのが自分的には今のところ良いかなと思っている。保存状態は良いそうだ。
a0108358_16155779.jpg


感動したのは屋根が残っていたこと。屋根ってなかなか何故か残っていない遺跡が多い中、ここに来てその姿を残していることと、その規模の大きさに驚いた。その屋根に立って撮影しています。

ローマ人の娯楽にかけるそのエネルギーは尋常では無かったと思わされる。また、どれだけの奴隷が犠牲になったのか・・・でも、その血生臭さを感じさせないのが自分で意外だった。

2000年もの時が経ち過ぎたからか・・・

Nikon F601



a0108358_16215532.jpg

美しいと思った。美しい楕円。ここでグラディエーター達が闘い見世物になったとは思えない。でも、その舞台と地下の部屋は残っていて確かに在ったことを思い知らされる。

今でもコンサート等に使用されているようです。そこが石造りの素晴らしいところ。2000年前の建物をそのまま利用出来るというのが日本では無い木の文化との違いだ。

感動した遺跡の一つでした034.gif

a0108358_1629433.gif中東ランキング←ポチッとクリック応援 お願いしますね~♪
[PR]

by salaamu | 2008-07-18 16:31 | チュニジア